/  Fashion  

台湾で活躍する6つの日系企業ECサイト

公開日: 

昨今日本の企業が海外に目を向け進出してくる企業が増えてきているが、そのなかでも台湾のような親日の人が多い台湾からスタートさせようと考える企業も少なくないのではないか。最近ではECサイトからや店舗と同時期にECを立ち上げする企業もでてきている。今後台湾進出する際にぜひおえておきたい日系企業のECサイトを紹介したい。

 

UNIQLO (日本:UNIQLO

2010年04月06日に設立。現在59店舗。台湾のサイトは自社サイトのみの運営。

▼SNS日本との比較

FB:1,019,869(JP)   673,025(TW)

IG:140,000(JP)   5,855(TW)

 

無印良品 (日本:無印良品

 

 

店舗数:24店舗(内cafe&meal 3店舗)

MUJIは自社サイトでの運営はせずに、3つのモールへ出店。

ibon mart  ・ Yahoo超級商城 ・ 博客來

コンテンツやSNSのフォロワー人数を保有しながら自社サイトへの運営をしないのかが疑問だが、ネットでの売上は好調と聞いている。

▼SNS日本との比較

FB:1,027,598(JP)  1,184,486(TW)

IG:227,000(JP)   Global

 

宜得利家居 (日本;ニトリ)

 

店舗数:24店舗(内cafe&meal 3店舗)

自社サイトのみの運営。

▼SNS日本との比較

FB:95,664(JP)  51,156(TW)

 

URBAN RESEARCH (日本:URBAN RESEARCH

 

自社サイトと台湾楽天への出店。

リアルの出店はショールームと台湾三井アウトレットモールへの出店。

▼SNS日本との比較

FB:39,327(JP)  85,748(TW)

IG:6,382(TW)

 

USAGI ONLINE (日本:USAGI ONLINE

 

自社サイトのみの運営。

▼SNS日本との比較

FB:8,690(JP)   72,993(TW)

IG:7,935(JP)   4,467(TW)

 

RANDA (日本:RANDA

2店舗

自社サイトのみの運営。

▼SNS日本との比較

FB:16,571(JP)  4649(TW)

IG:16,300(GL)

 

台湾でのマーケティング施策をご検討であればお気軽にご連絡ください。
台湾マーケティング全般についてのご相談はこちらから
台湾インフルエンサーについてのご相談はこちらから

Author Information

アバター

投稿数:  31

Fashionwalker・TGCとのクロスメディア・Eコマースを経験。2012年から台湾ワールドの新規事業のEコマース立上げ・運営・仕入などの全ての業務に携わり約3年経験。その後、台湾にて共同創業し風尚精選股份有限公司、株式会社maippleを設立。二次流通越境マーケットプレイス【MAIPPLE】開発・運営・台湾現地でアウト・インバウンドマーケティングPR事業を事業を行う。

<  台湾で誰もが知っているファッションECブランド5選

Related Posts