/  EC  

楽天と台湾のネット通販大手のPChomeが戦略的業務提携を締結し越境ECを促進

公開日: 
rakutenPChome
出典:CNA中央通訊社

2019年3月14日に楽天と台湾ネット通販大手のPChomeは戦略的業務提携を締結した。本業務提携に基づき、楽天とPChomeは、両社の強みを生かし、双方の顧客基盤拡大を目指すとともに、会員向けポイントプログラムを含む両社の複数のサービスにおいて連携することで、ユーザーエクスペリエンスの向上を図る。

戦略的業務提携の内容(予定)

楽天は今後PChomeとの戦略的業務提携内容として下記をあげている。

・「楽天市場」出店店舗の取り扱う日本の商品の、PChomeが運営するECサイト上での販売
・「楽天カード」のPChome会員に向けたプロモーション
・電子書籍リーダー「楽天kobo」のPChomeが運営するECサイト上での販売
・両社の会員ID連携
・両社の会員向けポイントプログラムの連携および相互交換

台湾の2019年のネット通販モール事情

以前「台湾進出する前に知っておきたいEC市場と5つの台湾ECサイト」内で取り扱った通り、台湾のネット通販モールは老舗のPChomeとYahoo!奇摩が争っていた。ここ最近の新興勢力として「東南アジア、台湾で拡大中のECサイトShopee(蝦皮)が昨年比2倍の2018年1Q流通総額(GMV)約2,100億円」内で取り扱ったShopeeが勢力を拡大している。現在の台湾のネット通販モール事情はShopeeを加えたPChomeとYahoo!奇摩の3トップで争っている。PChomeとしても楽天と提携したことで、楽天市場で扱っている日本商品をPChome上で販売できることは差別化を測れて大きな期待を抱けそうだ。またPChomeはCtoCサービス露天拍賣を展開しており、楽天のCtoCサービスラクマとの提携も将来的にあるのではと予想している。

台湾でのマーケティング施策をご検討であればお気軽にご連絡ください。
台湾マーケティング全般についてのご相談はこちらから
台湾インフルエンサーについてのご相談はこちらから

Author Information

アバター

投稿数:  27

2007年株式会社ブレイキング・ニューグラウンドを設立し、ファッションメディアを開発・運営、読者モデルやブロガーを独自ネットワーク化し、ガールズマーケティング事業立ち上げ。台湾に子会社、風尚精選股份有限公司を設立し、日本同様に台湾にて影響力あるブロガーやインスタグラマーを独自ネットワーク化し、アウト・インバウンドマーケティング事業立ち上げ。その後日本法人の事業売却を行う。 2015年より株式会社maippleを設立し、代表取締役就任。台湾法人、風尚精選股份有限公司をmaippleの100%子会社に。

<  2018年に台湾で流行ったコスメとは!?2018Urcosmeアワード総合賞ベスト3を紹介

Related Posts