/  Marketing  

台湾の広告市場規模とデジタル広告成長率

公開日: 

HNCK8961

台湾の総広告量は2014年1,198億元(3,954億円)と、2013年と比較し約4%の増加している。近年成長著しいデジタル広告については、臺北市數位行銷經營協會が16年4月28日に発表した台湾のデジタル広告における調査分析によると、193.52億(日本円639億)と前年比19.6%の成長率。

台湾総広告量比較2014年・2013年(単位:億円)

スクリーンショット 2016-05-16 19.57.51

台湾のデジタル広告費の市場推移と成長率(2011年〜2015年まで)

2015年は前年ベースで105億円多い、639億円と前年から約20%近い成長率となっている。

台湾デジタル広告費推移

デジタル広告別の成長率

ディスプレイアドを除いて他広告は成長しており、特にモバイル広告に関しては毎年倍以上の成長し続けている。

カテゴリ別推移

デジタル広告別の広告費

カテゴリ別広告費推移

産業別デジタル広告投資比率

投資額は電腦資訊といわれる主にソフト系のゲーム・オンラインゲームや電子産業などの比率がここ何年かで急激に伸びてきている様子。化粧品などの広告量も多く、2015年は食品関係の問題が多かった為安全性をうたった広告が伸びた年となった。

産業別投資比率

日本円の換算レートは全て3.3で計算

参考:DMA:http://www.dma.org.tw/Resource/Trend

原文網址: 動腦新聞 http://www.brain.com.tw/news/articlecontent?ID=21462&sort=#FqiBRZLR

Author Information

投稿数:  19

FashionwalkerでEコマースを経験。2012年から台湾ワールドの新規事業のEコマース立上げ・運営・仕入などの全ての業務に携わり約3年経験し毎年200%以上成長させる。その後、風尚精選股份有限公司参画、株式会社maippleを共同創業し、ファッションフリマアプリmaipple開発・運営、アウト・インバウンドマーケティング事業を行う。

<  台湾で活躍する6つの日系企業ECサイト